ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » ユナイテッド、ヴァラン獲得に向けマドリーと再交渉か?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

ユナイテッド、ヴァラン獲得に向けマドリーと再交渉か?

balan.jpg




 レアル・マドリー所属のDFラファエル・ヴァラン。マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督がヴァラン獲得を熱望しているようだ。
 現在24歳のフランス代表DFを巡って、この夏のマーケットで争奪戦が繰り広げられることとなるだろう。


 当時、マドリーを率いていたモウリーニョ監督が、ラヴァンを世界的な選手へと成長させた事実は間違いない。
 今季、DFぺぺを押しのけジネディーヌ・ジダン監督のもとで主力選手として活躍していることを見ても明らかだろう。


 そのヴァランを多角評価しているモウリーニョ監督は、クラブフロントに獲得を要請しマドリーと継続的なコンタクトを欠かしていないという。
 モウリーニョ監督は、この夏にも最終ラインにメスをいれることを画策しており、復数のビッグネームと接触。


 ファーストチョイスは将来性順分のヴァランだ。
 一方で、マドリーはDFぺぺの去就が不透明であること、ヴァランがジダン監督の起用法に満足していないことで両選手の退団が噂されている。


 ヴァラン慰留が絶対条件であるが、仮に退団となればそれなりの選手の引き抜きは必須。
 すでにユヴェントス所属のDFレオナルド・ボヌッチやマンチェスター・シティ所属のDFニコラス・オタメンディ等をリストアップしているという。


 とはいえ、両選手の年齢を考慮すればぺぺの第約という位置づけであり、マドリーにとってヴァランの流出は是が非でも避けたいところであるが。


関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。