ホーム » スポンサー広告移籍情報 » デ・ヘア、クラブに対しマドリー移籍容認を要求か?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

デ・ヘア、クラブに対しマドリー移籍容認を要求か?

mde.jpg




 マンチェスター・ユナイテッド所属のGKダビド・デ・ヘア。今夏の移籍市場でレアル・マドリーが獲得に向け交渉を続けている。
 スペイン復帰の可能性を模索するデ・ヘアがクラブ側に、マドリーのオファーを容認するよう求めているという。


 マドリーは以前からデ・ヘア獲得を画策。2015年夏には、2900万ポンド+ケイラー・ナバスを譲渡するオファーで基本合意に達していた。
 しかし、移籍マーケット閉幕までに手続きが間に合わなかったため、最終的にユナイテッドへ残留。


 その後、デ・ヘアはユナイテッドと契約を更新し、現在に至っている。
 2年前に苦虫を噛んだマドリーは、この失敗を繰り返さないよう、今夏に総力を上げデ・ヘア獲得を画策。


 当時のオファーの2倍となる6000万ポンドのオファーを提示し、デ・ヘア強奪に向かっている。
 デ・ヘアとユナイテッドの現行契約は2019年まで。


 すでにジョゼ・モウリーニョ監督との確執も噂されており、クラブ残留の可能性は低い。
 チャンピオンズリーグ出場を目指すデ・ヘアは、母国スペインの強豪への移籍に積極的な姿勢を示しており、クラブ側に交渉を進展させるよう掛け合っている。


 デ・ヘア移籍の鍵をにぎるモウリーニョ監督は、この報道について次のようなコメントを残した。


「 こういう話をするのは私自身も、そしておそらくダビド自身も好きではないだろう。シーズン終了後になれば、選手が自分の未来を自分で判断するさ 」


 ユナイテッドは、既にデ・ヘアの第約探しに着手しており、今季マンチェスター・シティからトリノへレンタル契約で移籍しているGKジョー・ハートを新たにリストアップしていると言うが。



関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。