ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » 成長著しいムバペ、アーセナルが“ アンリ2世 ”獲得か?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

成長著しいムバペ、アーセナルが“ アンリ2世 ”獲得か?

mufqppp.jpg




 ASモナコ所属のFWキリアン・ムバペ。今夏の移籍市場での注目銘柄の一人であるムバペの去就にアーセナルが獲得に注力しているようだ。
 成長著しいムバペは、そのパフォーマンスから母国のレジェンドであるFWティエリ・アンリの再来とされ“ アンリ2世 ”と称されるほどの逸材。


 すでにA代表デビューも果たし、夏のマーケットでは欧州のビッグクラブが熱心に誘いを続けている。
 なかでも、現役時代アーセナルで活躍した母国のレジェンド、アンリ氏や元フランス代表MFロベール・ピレス氏がムバペをアーセン・ヴェンゲル監督の下でプレーすることを後押し。


 特に、ピレス氏はムバペがアーセナルでプレーすることを強く後押しし、ヴェンゲル監督の下で更なる成長が期待できるだろうとコメント。


「 私はアーセナルがムバぺと契約すると思っている。彼はアーセナルでプレーするだけの才能があるし、ヴェンゲル監督が彼を正しく導いてくれるだろう。モナコとアーセナルはともてよく似たクラブだしね 」


 この夏、FWカリム・ベンゼマ売却を画策するレアル・マドリーが、ムバペの去就に注視している。
 その他にもパリ・サンジェルマンやマンチェスター・ユナイテッドといったビッグクラブが獲得に関心を示しているという。


 マーケットで引く手あまたのムバペ。さらなる成長を求めアーセナルへ新天地を求めることとなるのだろうか?



関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。