ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » エジルがトルコへ? フェネルバフチェがドイツ代表司令塔獲得を画策へ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

エジルがトルコへ? フェネルバフチェがドイツ代表司令塔獲得を画策へ?

mojiru.jpg




 今夏の移籍市場で去就が注目されているアーセナル所属のMFメスト・エジル。
 報道によると、トルコリーグのフェネルバフチェがエジル獲得を画策しているようだ。


 フェネルバフチェ側は、すでにエジルと接触しており、交渉を進めているとのことだ。
 この夏、アーセナル退団が噂されるエジル。


 エジルの去就は、クラブを率いるアーセン・ヴェンゲル監督の去就次第とされており、長期政権を構築したヴェンゲル監督がこの夏クラブをさる決断をした場合、それに伴ってエジルもクラブからの退団を決断することとなるかもしれない。


 エジルがマーケットに出回ることとなれば、アーセナル側は4220万ポンド程度の移籍金を要求すると見られている。
 とはいえ、エジルのアーセナル退団が実現することとなれば、欧州のビッグクラブがこぞって獲得に動くことは必須。


 先日、中国スーパーリーグからの関心が伝えられたエジルだが、このオファーを検討するまでもなく拒絶した。
 同様に、トルコ移籍は選手のキャリアにおいて大きなステップダウンとなるだけに、フェネルバフチェ加入を決断するか疑問が残るところ。


 アーセナルとの契約延長交渉が停滞している現状、そして来季のチャンピオンズリーグ出場権確保に黄色信号が灯っている状況を鑑みれば“ 移籍 ”を決断してもいい時期かもしれない。
 それが、即フェネルバフチェ移籍に繋がるかと問われれば、大きな疑問符がつくところ。


 キャリアで、最も充実した時間を過ごしているエジル。プレミアリーグから大きくレベルが劣るトルコリーグへ新天地を求める日がやってくるのだろうか?




関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。