ホーム » 2017年夏の移籍市場 » 争奪戦必須のヴェッラッティ、ユヴェントス加入目前か?
« スポンサードリンク »

争奪戦必須のヴェッラッティ、ユヴェントス加入目前か?

mfverathti.jpg




 パリ・サンジェルマン所属のMFマルコ・ヴェッラッティ。今夏の移籍市場で人気銘柄の一人とされるヴェッラッティだが、母国イタリア復帰の可能性が噂されている。


 ヴェッラッティの去就にはレアル・マドリーやバルセロナ、バイエルン・ミュンヘン等が争奪戦を繰り広げているが、ここにきてユヴェントスが争奪戦を一歩リードしているという。


 ユヴェントスは、現地時間3日に行われるチャンピオンズリーグ準決勝ASモナコ戦でフランスへ遠征することとなる。
 その際、モナコのモンテカルロでヴェッラッティの代理人を務めるドナト・ディカンプリ氏と会談を行う予定。


 この会談でユヴェントスは、ヴェッラッティ獲得で8000万ユーロのオファーを提示する準備があるという。
 以前、ディカンプリ代理人はヴェッラッティの去就について次のようなコメントを発したばかり。


「 クラブはマルコを手放したくはないと公表していた。我々はその希望を尊重する。この先どうするにしても、マルコの将来についてはフランスカップ決勝の後に話し合う 」


 ヴェッラッティは、チャンピオンズリーグタイトル獲得を目指している。
 これまでパリSGのプロジェクトに賛同し挑戦を続けてきたが、ベスト8の壁を越えることができず、同クラブでの挑戦に終わりを告げることを決断しているとも言う。


 “ Nextピルロ ”と称されるイタリアを代表する司令塔だが、噂される通りユヴェントスへ移籍することとなるのだろうか?



関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top