ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » グリーズマン、ついにユナイテッド移籍で個人合意か?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

グリーズマン、ついにユナイテッド移籍で個人合意か?

guliz.jpg




 アトレティコ・マドリー所属のFWアントワーヌ・グリーズマン。今夏の移籍市場でマンチェスター・ユナイテッド移籍で個人合意に達したと伝えた。
 かねてからユナイテッド移籍が噂されてきたグリーズマン。


 ユナイテッドは、選手側と公式に接触しており移籍の可能性を探り続けている。
 報道によると、ユナイテッドはグリーズマンと週給28万ポンドのサラリー、5年契約で個人合意に達しているという。


 この報道が事実であれば、残すはクラブ間交渉のみ。
 すでに、FWウェイン・ルーニー、FWズラタン・イブラヒモヴィッチの退団が既定路線とされており、前線の補強は必須。


 ジョゼ・モウリーニョ監督が高く評価するグリーズマンを獲得となれば、チーム再建の大きな一歩となるに違いない。
 表向きはアトレティコ残留を強調するグリーズマン。


 だが、この夏の退団は既成事実として伝えられており、後釜確保に成功した時点で交渉の席に着くこととなるだろう。
 なお、グリーズマン獲得には推定8900万ポンド程度の移籍金が必要とされているのであるが。



関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。