ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » ユナイテッドがさらなる補強へ ハメス・ロドリゲス加入で個人合意か?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

ユナイテッドがさらなる補強へ ハメス・ロドリゲス加入で個人合意か?

jamesurodorigesu.jpg




 レアル・マドリー所属のMFハメス・ロドリゲス。今夏の移籍市場でマドリーからの退団が既定路線とされている。
 そんなハメスに対し、マンチェスター・ユナイテッドが救いの手を差し伸べようとしている。


 今季、ジネディーヌ・ジダン監督の信頼を勝ち得るにいたっていないハメス。
 最近では、徐々に出場チャンスを得、数少ないチャンスを結果に結びつけ首脳陣に猛烈にアピールしている。


 だが、マドリーはチェルシー所属のMFエデン・アザール獲得を念頭に置いており、ハメスの放出は既定路線と捉えている。
 去就が注目されるハメスを高く評価しているのが、ジョゼ・モウリーニョ監督率いるユナイテッドだ。


 この夏、攻撃陣のさらなるバージョンアップを図るべく、現陣容の刷新を画策。
 すでに、アトレティコ・マドリー所属のFWアントワーヌ・グリーズマンを中心に複数の選手をリストアップしており、その中の一人にハメスがリストアップされているという。


 マドリーは、この夏ユナイテッド所属のGKダビド・デ・ヘア獲得に注力しており、その取引にハメスが織り込まれることとなるかもしれない。
 すでに具体的な交渉も進んでいるとされており、ユナイテッドがデ・ヘアの後継者を獲得した時点で正式発表される見通しとなるようだs。


 ユナイテッドは、FWウェイン・ルーニー、FWズラタン・イブラヒモビッチの対談が既定路線であり、トップ下やSTとして振る舞える選手そして、CFの補強に力を入れている。
 ハメスは、攻撃的MFとして活躍し得点力も高い。


 モウリーニョ監督好みの選手であることは間違い無く、デ・ヘアの取引に盛り込まれなかったとしても獲得に動いていたはずだ。
 果たして、報道の通りユナイテッドがハメス獲得で正式合意に達することとなるのか注目が集まりそうだ。



関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。