ホーム » 2017年夏の移籍市場 » ベイルがユナイテッド移籍で合意? チャンピオンズリーグ出場権を確保した場合、移籍が成立か?
« スポンサードリンク »

ベイルがユナイテッド移籍で合意? チャンピオンズリーグ出場権を確保した場合、移籍が成立か?

 beilu




 レアル・マドリー所属のMFガレス・ベイル。今夏の移籍市場でマンチェスター・ユナイテッド移籍で基本合意に達したようだ。
 今季負傷の影響もあり、リーグ戦で19試合のみの出場にとどまっている。


 7ゴールをマークするなど、勝負強さを見せているが、度重なる負傷はクラブ関係者の悩みのタネであることは間違いない。
 この夏、マドリーは攻撃陣にビッグネーム獲得を模索しており、現有戦力の売却は必須とみられている。


 大胆なメンバー入れ替えを検討している現状を考えると、ベイル売却の可能性は低くない。
 来季以降、マドリーの中心選手を担うと期待されているベイルだが、フロレンティーノ・ペレス会長は売却に向けた準備を進めているとされている。


 そんなベイルに対し、長きにわたり関心を示してきたユナイテッドが獲得に名乗りを上げた様子。
 報道によると、ベイルとユナイテッドはこの夏の移籍で基本合意に達しているとのこと。


 ただし、ユナイテッドが来季チャンピオンズリーグ出場権を確保することが最低限の条件らしい。
 ヨーロッパリーグで決勝進出を果たしたユナイテッド。


 ジョゼ・モウリーニョ監督は、ヨーロッパリーグタイトルをより重要なものであるとしている。
 リーグ戦での成績では、チャンピオンズリーグ出場権を得ることができる4位以内でフィニッシュすることは事実上不可能。


 ヨーロッパリーグタイトル獲得しか、チャンピオンズリーグ出場を成し遂げることができない。
 悲願のベイル獲得は、チャンピオンズリーグ出場権が必須であり、このビッグディールを実現させることができるか注目が集まりそうだ。



関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top