ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » バルセロナ、アルダ・トゥラン移籍なら、マルコ・ロイスやディ・マリア獲得か?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

バルセロナ、アルダ・トゥラン移籍なら、マルコ・ロイスやディ・マリア獲得か?

malko.jpg




 バルセロナが、ボルシア・ドルトムント所属のMFマルコ・ロイスやパリ・サンジェルマン所属のMFアンヘル・ディ・マリアのいずれかの獲得の可能性を探っているようだ。


 今夏の移籍市場でMFアルダ・トゥランに移籍の可能性が浮上している。
 この夏、バルセロナは高齢化に喘ぐ中盤の世代交代に着手するとみられており、ベンチを温める日々が多いアルダ・トゥランは退団を検討しているという。


 アルダ・トゥランに対してはアーセナルが獲得に関心を示している一方で、中国スーパーリーグから破格のオファーが届いているとされている。
 中盤で貴重な戦力であるアルダ・トゥランの去就は、次期指揮官が握っているとされている。


 選手側もバルセロナでの状況が改善されないのであれば、より良い条件を提示するクラブへの移籍を決断することとなるだろう。
 そんな中、突如として浮上したのがマルコ・ロイスやディ・マリア獲得の可能性だ。


 それぞれ所属クラブで中核を担う活躍をしている両選手のいずれかを獲得することができれば、バルセロナにとって戦力の上澄みとなる。
 とはいえ、“ MSN ”とポジションがかぶることを考えると、大きなリスクも伴っているのは間違い無いだろう。


 いずれにしても、この夏バルセロナはチームの刷新に向け精力的な動きを見せることは間違いない。
 果たして、バルセロナは噂されている通り、マルコ・ロイスやディ・マリア等ビッグネームを獲得することとなるのか注目が集まりそうだ。



関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。