ホーム » 2017年夏の移籍市場 » 去就が注目のアグエロ、マドリーとパリSGが獲得に関心か?
« スポンサードリンク »

去就が注目のアグエロ、マドリーとパリSGが獲得に関心か?

kunseruhioaguero.jpg




 マンチェスター・シティ所属のFWセルヒオ・アグエロ。今季終了後の去就に注目が集まっている。
 クラブを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督の構想から徐々に外れつつあるアグエロ。


 シティの前線は世代交代と、指揮官の独自色をさらに強めるために、今夏の移籍市場で大型補強が噂されている。
 FWガブリエウ・ジョズエの台頭、そして大型補強のあおりを受ける形でアグエロには売却されるかもしれない。


 現地メディアによると、アグエロの去就にはマンチェスター・ユナイテッドからの関心が取りざたされているが、選手本人はおナチ街に籍をおくユナイテッドへの“ 禁断の移籍 ”には関心を示していないという。


 今季リーグ第36節を終了した時点で、28試合に出場し18ゴールをマーク。
 とはいえ、グアルディオラ監督から絶大な信頼を得てはおらず、未だ去就は不透明であるとされている。


 移籍が噂されるアグエロだが、選手本人はシティ残留を望んでいる。
 だが、シティが噂されている通り、この夏に大型補強を断行すれば新天地を求めることとなるだろう。


 なお、アグエロの去就にはレアル・マドリーやパリ・サンジェルマンが動向に注視しているとされており、今後の動きに注目が集まりそうだ。



関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top