ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » バルセロナが若きアルゼンチンDF獲得で基本合意か?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

バルセロナが若きアルゼンチンDF獲得で基本合意か?

konyaku.jpg




 現在、バレンシアのユースチームに在籍するアルゼンチン人DFマリアーノ・コニャックに対し、バルセロナが獲得に近づいているようだ。


 すでに両者は基本合意に達しているとされており、来季意向バルセロナに合流する見通しとなっているという。
 この夏、センターバックの若返りを模索するバルセロナ。


 足元に高い技術が求められるバルセロナのCBだが、バレンシアで成長著しいコニャックを獲得しBチームで育て上げる計画にあるという。


 バレンシアとコニャックの現行契約は今季終了後に満了を迎える。
 現時点では、契約延長の噂は伝わっていないため、この報道が事実であれば、来季コニャックはバルセロナのBチームでプレーすることとなりそうだ。



関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。