ホーム » 2017年夏の移籍市場 » アレックス・サンドロ、マオリーラ欧州のメガクラブが獲得に関心か? 争奪戦が勃発へ
« スポンサードリンク »

アレックス・サンドロ、マオリーラ欧州のメガクラブが獲得に関心か? 争奪戦が勃発へ

arekkususandoro.jpg




 ユヴェントス所属のDアレックス・サンドロ。


 今季終了後に、複数のクラブが獲得に興味を示しているようだ。
 報道によると、A・サンドロは215年にFCポルトからユヴェントスへ加入。


 その後着実なステップアップを踏み、今季フランス代表DFであるパトリック・エブラからスタメンの座を勝ち得るまでのし上がった。
 今季大ブレイクを果たしたサンドロに対しては、クラブを率いるマッシミリアーノ・アッレグリ監督も高く評価しており、引き止め交渉を行うことになるだおる。


 今回発表された情報によると、A・サンドの去就には3つのクラブが獲得に関心を示しているとされている。
 レアル・マドリーを筆頭に、マンチェスター・シティ、アーセナルといったビッグクラブが獲得の可能性を探っている。


 ジョゼップ・グアルディオラ監督は、サイドバックの刷新を画策。
 DFマルセロのバックアッパーを勤めることができるサイドバックの補強を画策するマドリー。
 左サイドバックの人材不足を露呈しているアーセナル。


 3クラブ共に、世界的に人材不足のサイドバックの補強に力を入れていることは間違いない。
 とはいえ、ユヴェントスにとっても同選手が貴重な存在であることは間違いない。


 アッレクス・サンドロを簡単に放出することはないが、中でもサイドバックの補強に注力しているシティが巨額の資金を持ってサンドロ引き抜きに動いた場合、ユヴェントスが首を横に振り続けることができるか注目が集まりそうだ。


関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top