ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » ユヴェントスがベナティアを完全移籍で獲得へ、買い取りオプションを行使

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

ユヴェントスがベナティアを完全移籍で獲得へ、買い取りオプションを行使

benathi.jpg




 今季、バイエルン・ミュンヘンからユヴェントスへ買い取りオプション付きのレンタル契約で加入しているDFメフディ・ベナティア。


 今季、ユヴェントスでベンチを温める場面が多いものの、貴重な戦力として活躍。
 同選手を高く評価したクラブ側はバイエルンとの間で締結している買い取りオプションを行使することを決断。


 昨年夏からセンターバックの補強に力を入れていたユヴェントスは、ベナティアのパフォーマンスを評価。
 買い取りオプションを行使し、選手と2020年まで締結。


 無事、ユヴェントスへ完全移籍を果たしたベナティアは、以下のような喜びのコメントを残している。

「 嬉しい。ここに到着して以来、常にここに残るプランを考えていた。バイエルンや他のクラブに行きたいとは思わなかった。僕にとって凄くポジティブな日だ。将来が素晴らしい時間で満たされることを願っている。アフリカネーションズカップもないし、来シーズンは出場機会を増やしたい 」


 今季、ユヴェントスというクラブにとって、一つのターニングポイントとなるシーズンになるかもしれない。
 名門復活に向け、尽力を続けているクラブに、新たな新戦力が加わることはポジティブな結果しかないというのは間違いない事実だろう。



関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。