ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » ユナイテッドが退団が近づくデ・ヘア、モウリーニョ監督は後任探しに奔走

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

ユナイテッドが退団が近づくデ・ヘア、モウリーニョ監督は後任探しに奔走

deheama.jpg




 マンチェスター・ユナイテッド所属のGKダビド・デ・ヘア。今夏の移籍市場でレアル・マドリーへの移籍の可能性が高まっている。
 報道によると、ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、デ・ヘア退団に備えGKの人選に着手。


 後任には、現在セカンドキーパーを務めるGKセルヒオ・ロメロか、現在20歳のポルトガル人GKジョエル・カストロ・ペレイラの二択と予想されている。
 モウリーニョ監督は、今季ヨーロッパリーグでロメロを起用しており、そのパフォーマンスを高く評価。


 一部の報道ではACミラン所属のGKジャンルイジ・ドンナルンマ獲得に動いているとされているが、モウリーニョ監督は自身の来季の構想について次の通り言及した。

「 私たちは3人の優秀なGKが必要だ。私たちはすでに2人の経験豊富なGKを持っているよ。デ・ヘアとロメロだ。さらにポルトガルでナンバーワンの若手GKもいる。これは素晴らしいことだ 」


 デ・ヘアのマドリー移籍は事実上確定しているのが現状だ。
 3人というキーワードを冷静に受け止めれば、ユナイテッドは今夏の移籍市場で守護神の補強に動くこととなる。


 噂されているドンナルンマ獲得は大きな戦力の上積みとなることは間違いないが、ペレイラの成長に障害も。
 今のユナイテッドには、第3のポジションを受け入れるベテラン選手の補強が必須ではないかと見られているのであるが。



関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。