ホーム » 2017年夏の移籍市場 » マドリーがトッテナムのデレ・アリ獲得か?
« スポンサードリンク »

マドリーがトッテナムのデレ・アリ獲得か?

dereali.jpg




 昨季、トッテナムで大ブレイクを果たし、イングランド代表まで上り詰めたMFデレ・アリ。
 今夏の移籍市場でレアル・マドリーが獲得に動いているようだ。


 去就が注目されるデレ・アリだが、自身の去就について『 誰にもわからない 』とコメント。
 アリに関してはマドリーの他にもマンチェスター・シティ等潤沢な資金源を有するクラブが獲得に関心を示している。


 争奪戦は平行線に辿っているのが現状であり、両クラブにとってタフな交渉を強いられることとなるだろう。
 デレ・アリの去就を握っているのは、間違いなくダニエル・レヴィ会長だ。


 過去にマドリーへMFルカ・モドリッチ、FWガレス・ベイルの売却の際、最後の最後まで交渉が難航し破格のオファーを引き出した交渉の達人。
 無論、トッテナムで急成長したデレ・アリはチームの中心選手であり、安価での放出は望まないだろう。


 これ等の条件を受け、デレ・アリはイングランド国外でプレーについて次のようなコメントを残している。

「 最後に何が起こるかなんて誰にも分からないことだと思うよ。自分のキャリアを楽しむことが大事だね。僕がここに15年間いることやこのままここで引退することだってあり得る。僕にとって大事なことは、将来起こることに何があっても調子に乗らないことだ。サッカーでは何が起こるか分からない。だからここでの時間を楽しみにしながら、将来何が起こるのかを持つだけだね 」


 トッテナムで中心選手へと成長し、イングランド代表まで上り詰めたアリ。
 この夏、中盤の戦力の刷新が噂さfれるマドリーが強い関心を示しているが、トッテナムは最後まで首を横に振り続けることができるだろうか?



関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top