ホーム » 2017年夏の移籍市場 » シティ、グアルディオラ監督が高く評価するハメスとドンナルンマ獲得か?

シティ、グアルディオラ監督が高く評価するハメスとドンナルンマ獲得か?

guaru.jpg




 今季、プレミアリーグタイトル獲得を逃したマンチェスター・シティ。既に、焦点は来季に向けられているようだ。
 シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、ACミラン所属のGKジャンルイジ・ドンナルンマとレアル・マドリー所属のMFハメス・ロドリゲスのパフォーマンスを称賛した。


 先日、9シーズンにわたりチームを支えてきたDFパブロ・サバレタが退団。
 この動きは、シティの大きな一つのサイクルに終わりが来たことを表す。


 満を持してグアルディオラ監督を登用したシティだが、現有戦力は過去にクラブを率いてきた指揮官の資産だ。
 サバレタ退団を機に、DFガエル・クリシー、DFバカリ・サニャ、MFヤヤ・トゥーレ、MFヘスス・ナバス、GKウィルフレード・カバジェロ等ベテラン選手が次々と契約満了を迎える。


 クラブ側は、これらの選手と契約延長は選択肢になく、この夏に大胆な戦力の入れ替えを模索している。
 この夏の重要なテーマは、“ グアルディオラ色 ”を全面に押し出すこと。


 そのため、1億ユーロを超える補強予算を準備し新戦力獲得に動いているという。
 そんななか伝えられたのが、指揮官が高く評価するドンナルンマとハメスの獲得だ。


 昨年夏、グアルディオラ監督たっての希望でバルセロナからGKクラウディオ・ブラーボを獲得したものの、イングランドの生活に馴染むことができず、プレミアリーグ初挑戦は失敗に終わっている。
 新戦力の動向によっては、このベテラン守護神の売却も視野に入れていると伝えられるシティは、その後釜にドンナルンマに注視しているようだ。


 グアルディオラ監督もドンナルンマのパフォーマンスについて次のようなコメントを残し、称賛した。

「 ドンナルンマは間違いなくトップGKだ。18歳にしては素晴らしい技術を持っている 」


 とはいえ、ミランのガードは硬い。若きイタリア代表GKの流出を阻止すべく、新たな契約を提示する準備を進めているとされており、今後の動きに注目が集まる。
 一方で、シティにとって選手側との交渉が進めば獲得のハードルが低いのはハメスだろう。


 マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督の下、十分な出場機会を得ることができていないハメス。
 グアルディオラ監督は、ハメスに関して『 彼のクオリティに疑いはない。彼が上手くプレーするには、彼自身とチームメート次第だと思う。しかし良い選手ならどこでもプレーできる 』と賛辞を送った。


 グアルディオラ監督にとって失敗のシーズンに終わった今季。プレミアリーグでの戦いは、難しいことを改めて証明した形となる。
 とはいえ、現優先力はグアルディオラ監督が求めるタクスをこなすだけの戦力は揃っていなかった。
 それらを考慮すれば、この夏にグアルディオラ監督が求める戦力が揃えられることとみられており、今後の動きに注目が集まりそうだ。



関連記事

Return to page top