ホーム » 2017年夏の移籍市場 » 人気銘柄のラカゼット、リヨンが移籍を容認へ

人気銘柄のラカゼット、リヨンが移籍を容認へ

rakazettoa.jpg




 リヨン所属のFWアレクサンドル・ラカゼット。リヨンの攻撃陣をけん引するパフォーマンスを披露するラカゼットには、今夏の移籍市場で去就が注目される人気銘柄の一人だ。


 ラカゼットに関しては、これまで欧州のビッグクラブが獲得に関心を示しており、争奪戦が繰り広げられている。
 昨年夏にもバルセロナから関心が伝えられたラカゼット。


 昨年夏の退団は選択しなかったものの、今季終了後にステップアップを目論んでいるのかもしれない。
 リヨンのジャン・ミシェル・オラス会長は、ラカゼットの去就について移籍を容認する考えであることを強調した。

「 我々の要求を満たすクラブが現れれば、彼は移籍するだろう。ただ、このクラブでは物足りないと感じている選手がいるならば、代わりのプレーヤーで補うまでだよ 」


 今季、公式戦44試合に出場し35ゴールをマークするラカゼット。
 リヨンの攻撃陣をけん引するパフォーマンスを披露。


 ラカゼットの去就にはアトレティコ・マドリーやアーセナルが獲得の可能性を探っているとされている。
 満を辞して、欧州2大リーグへの挑戦が実現することとなるのだろうか。



関連記事

Return to page top