ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » チェルシーの野望は続く、パリSGからヴェッラッティ引き抜きか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

チェルシーの野望は続く、パリSGからヴェッラッティ引き抜きか?

veratthit.jpg




 パリ・サンジェルマン所属のMFマルコ・ヴェッラッティ。今夏の移籍市場でパリSG退団が確実視されているヴェッラッティだが、チェルシーが引き抜きの可能性を探っているという。


 報道によると、チェルシーはパリSG側と接触しているとされており、5500万ポンドのオファーを提示したとされている。
 先日まで移籍を志願しているとされてきたヴェッラッティ。


 しかし、ここにきてヴェッラッティ本人がクラブに残留する姿勢を明確に認め、チェルシーが移籍を実現させる確率は極めて低いとされている。


 チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督が、ユヴェントスの指揮官を務めていた当時、元イタリア代表MFアンドレア・ピルロの代役にヴェッラッティを示していたことから、同選手を高く評価していることがうかがえる。
 しかし、クラブと新たに5年契約を締結したばかりのヴェッラッティ。


 リーグ・アン優勝を逃しチャンピオンズリーグでの早期敗退が決定したパリSGで、ヴェッラッティが新たなモチベーションを見いだすことができるかどうかが、移籍のカギを握ることとになるかもしれないが。



関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。