ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » ジエゴ・コスタ獲得が有力の天津権健、オーバメヤンにターゲットを変更か?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

ジエゴ・コスタ獲得が有力の天津権健、オーバメヤンにターゲットを変更か?

obameyank.jpg




 中国スーパーリーグの天津権健。チェルシー所属のFWジエゴ・コスタ獲得に向け精力的に動いていた。
 天津権健は、ジエゴ・コスタ獲得寸前とされてきたが、ここにきて交渉が頓挫することとなったのかもしれない。


 これまでジエゴ・コスタをトップターゲットとしてきた天津権健。
 シーズン後半戦の低調なパフォーマンスが大きく影響したか、天津権健はジエゴ・コスタ獲得交渉から撤退。


 新たなにボルシア・ドルトムント所属のFWピエール=エメリク・オーバメヤンを新たに指名したという。
 天津権健は、オーバメヤン獲得に向け6900万ポンドという破格のオファーを用意しているようだ。


 この夏、ドルトムントからの退団が噂されるオーバメヤンは、移籍するのであれば“ レアル・マドリー ”と公言しており、中国朝鮮は視野に入れていない。
 最も充実したキャリアを過ごすオーバメヤンが、中国へ新天地を求める可能性は低いだろう。


 だが、天津権健は簡単に簡単には引き下がらない。
 これまで中国スーパーリーグの各クラブはMFラミレスやMFオスカル、MFアクセル・ヴィツェル等、欧州で活躍するトップクラスの選手を巨悪のマネーで引き抜き続けてきた。


 無論、オーバメヤン獲得に向け破格の待遇を設けているとされている。
 一部の報道では、天津権健は4300万ポンドという巨額のサラリーを受け取ることになるかもしれない。


 今季、公式戦44試合に出場し、37得点5アシスト記録するオーバメヤン。
 ドルトムントの攻撃陣をけん引するパフォーマンスを披露している。


 なお、引く手数多のオーバメヤン。この夏、マンチェスター・ユナイテッドやACミランといったクラブが獲得の可能性を探っているとされているのだが。



関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。