ホーム » 2017年夏の移籍市場 » インテルがディ・マリア獲得か? 余剰戦力売却でアルゼンチン代表MF引き抜きへ
« スポンサードリンク »

インテルがディ・マリア獲得か? 余剰戦力売却でアルゼンチン代表MF引き抜きへ

dhimariai.jpg




 インテルが、パリ・サンジェルマン所属のFWアンヘル・ディ・マリア引き抜きを画策しているという。
 報道によると、インテルは今夏の移籍市場で大型補強を画策しており、アルゼンチン代表ウィンガーの引き抜きを検討。


 これを実現させるべく、FWイヴァン・ペリシッチを売却し補強資金捻出に動いているようだ。
 ディ・マリア獲得交渉を実現させるべく、インテルのピエロ・アウリシオSDが、フランス・パリへ飛び交渉をスタート。


 ディ・マリア獲得には推定6000万ユーロの移籍金が必要とされている。
 だが、パリSGはリーグ・アンでフィットしきれずにいるディ・マリアを5000万ユーロ前後の移籍金で譲渡する可能性も伝えている。


 この交渉が成立すれば、インテルは名門復活に向け大きな一歩を踏み出すこととなる。
 プレミアリーグ、リーグ・アンで結果を残すことができていないディ・マリアだが、仮にセリエAへ新天地を求め復活を遂げることなるか注目が集まりそうだ。



関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top