ホーム » 2017年夏の移籍市場 » 夏の注目銘柄バカヨコ、チェルシーが争奪戦を一歩リードか?
« スポンサードリンク »

夏の注目銘柄バカヨコ、チェルシーが争奪戦を一歩リードか?

bakayoko.jpg




 ASモナコ所属のMFティエムエ・バカヨコ。U-21フランス代表MFの去就に欧州のビッグクラブが獲得の可能性を探っているようだ。
 なかでも、チェルシーがバカヨコ獲得に向け勢力に動いており、交渉をスタートさせているとのこと。


 チェルシーはモナコに対し、推定4200万ポンドの移籍金を用意しているという。
 クラブを率いるアントニオ・コンテ監督は、バカヨコ獲得で現有戦力のさらなるレベルアップを期待している。


 昨年夏に、コンテ監督の要望を完全に実現させることができなかったチェルシー。
 限られた戦力でプレミアリーグタイトルを獲得して見せたコンテ監督は、さらなる戦力の上澄みに向けクラブ首脳陣に補強リストを手渡しているとされている。


 中盤の戦力の刷新が噂されるチェルシー。パリ・サンジェルマンの覇権を阻止し、リーグ・アンのタイトルを獲得したモナコ。
 夏のマーケットでチームの中心選手の多くがビッグクラブからの引き抜きの可能性が懸念されている。


 チェルシーは、バカヨコ引き抜きでモナコを納得させるだけのオファーを用意することができるだろうか?



関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top