ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » ダビド・デ・ヘア獲得が噂のマドリー、ケイラー・ナバスは残留を示唆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

ダビド・デ・ヘア獲得が噂のマドリー、ケイラー・ナバスは残留を示唆

keiranabasu.jpg




 マンチェスター・ユナイテッド所属のGKダビド・デ・ヘア。今夏の移籍市場でレアル・マドリーへの移籍が噂されている。
 デ・ヘア獲得をマドリーが現実とした場合、現在正守護神を務めるケイラー・ナバスの去就に注目が集まるところだ。


 デ・ヘアを獲得した場合、来季以降、同選手を正守護神に据えることは間違いない。
 ナバスとの熾烈な争奪戦が繰り広げられることとなるが、クラブを率いるジネディーヌ・ジダン監督はナバスをそれほど高く評価しておらず、ベンチを温める機会が増えるだろう。


 出場機会の減少が噂されるナバスだが、選手にはマドリー退団という選択肢はないようだ。
 自身の去就に対し、リーグ最終節のマラガ戦終了後に次のようなコメントを残している。


「 退団は考えていない。僕はこのクラブと3年間契約を結んでいるんだ。来季にはこれまで以上の力強さを持って臨みたい。僕は今後も働き続けるし、全てに対して立ち向かっていく。ポジション争いも問題ないよ。いつだってそうしてきたんだから 」


 GKキコ・カシージャスは、将来性を買われチームに残留することは間違いないだろう。
 カップ戦とリーグ戦でターンオーバーを採用するという選択肢もあるが、そうなればカシージャスの成長は期待できない。


 マドリー側も、クラブ内で余計な対立は避けると考えられており、選手の意向はどの程度汲み取られるか注目がアツアm理想だ。



関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。