ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » 原口退団の布石か? ヘルタがオーストラリア代表ストライカー獲得へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

原口退団の布石か? ヘルタがオーストラリア代表ストライカー獲得へ

mashurekki.jpg




 ヘルタ・ベルリンが、インゴルシュタット所属のFWマシュー・レッキーの獲得を発表した。
 今夏の移籍市場で去就が注目されているFW原口元気。


 この夏に、プレミアリーグ挑戦が噂されている原口。クラブ側は原口売却を視野に入れ代役確保に動いていた。
 ターゲットとされていたのが、ヘルタを率いるパル・ダルダイ監督が高く評価するレッキーだった。


 ダイダル監督は、レッキー獲得について次の通り賛辞を送った。

「 レッキーは万能は選手で、再度で上下に走り続けることができる。我々の攻撃に利益をもたらすだろう 」


 レッキー獲得で、原口のブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオン移籍が大きく傾くことになるかもしれない。
 現在26歳のレッキー。


 ヘルタ加入に対し、『 いくつかオファーを受けていたが、ヘルタが一番だった。ヘルタはブンデスリーガにおいて素晴らしいビッグクラブだ。この2シーズンは成功を収めているし、ヨーロッパリーグも戦っている。それに、ベルリンはドイツで最も素敵な年のひとつだ。バル・ダイダル監督も偉大な指揮官で、多くを学ぶことができるはずだ 』とコメント。


 原口の去就にも大きく関係するオーストラリアストライカーの加入で、チームは更なる戦力の補強を行なっている。



関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。