ホーム » 2017年夏の移籍市場 » 悲願の補強へ、マドリーが“ Next ネイマール ”獲得へ、ヴィニシウス獲得を正式発表
« スポンサードリンク »

悲願の補強へ、マドリーが“ Next ネイマール ”獲得へ、ヴィニシウス獲得を正式発表

vinisu.jpg




 レアル・マドリーがフラメンゴ所属のMFヴィニシウス・ジュニオール獲得で合意に至ったことを発表した。
 両クラブの交渉で、2018年夏にヴィニシウスの保有権を得ることとなるマドリーだが、18歳未満であるため2019年夏までフラメンゴでプレーすることとなる。


 “ Next ネイマール ”と称されるヴィニシウス。本家、ネイマール獲得に失敗したマドリーは、ヴィニシウス獲得交渉では強気の姿勢を貫き破格のオファーを用意。
 フラメンゴはマドリーから4500万ユーロ程度の移籍金を受け取るとのこと。


 手付け金として、この夏3000万ユーロを支払い、残り1500万ユーロを分割で支払うことになるようだ。
 欧州のビッグクラブがこぞってフィニシウス獲得に関心を示していた。


 これまでバルセロナやマンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、パリ・サンジェルマン、チェルシー、リヴァプール、ユヴェントス。。。
 数えきれないほどのチームがヴィニシウス獲得に関心を示してきたが、争奪戦を制したのは噂通りマドリーだった。


 マドリー側は、ヴィニシウスを高待遇で迎え入れることとなる。
 2019年夏に加入直後にトップチームに帯同させ、一定の出場機会を与えるようだ。


 秘めたポテンシャルを開花させ、FWクリスティアーノ・ロナウドやFWガレス・ベイル、この夏に獲得が噂されるチェルシー所属のFWエデン・アザール等の後継者としてヴィニシウスに大きな期待を寄せているようだ。




関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top