ホーム » 2017年夏の移籍市場 » ドルトムント、またしても最終キーマンが流出へ 崩壊の一途をたどるのか?
« スポンサードリンク »

ドルトムント、またしても最終キーマンが流出へ 崩壊の一途をたどるのか?

papasutasopurosu.jpg




 ボルシア・ドルトムント所属のDFソクラテス・パパスタソプロスが、クラブからの退団をほのめかし始めている。
 今季、リーグ戦を3位でフィニッシュしたドルトムント。


 チャンピオンズリーグ出場権を獲得するという一応の結果を見せたものの、優勝争いに一度も絡むことはなくマイスターシャーレを獲得したバイエルン・ミュンヘンとの勝ち点差は18。
 無論、戦力値では大きな開きがあるものの、ドルトムントが被ったダメージは勝ち点最上のものがあったことは言うまでもない。


 そんな中、突如として浮上したのが最終ラインのキーマンとして活躍しているパパスタソプロスの退団説だ。
 パパスタソプロスは、今夏の移籍市場で再びチームの刷新に余儀なくされつつあるクラブに懐疑的な見方をし、次のようなコメントを発した。


「 僕は33、4歳までプレーするつもりだ。でもここか、他の何処かでやるかはまだわからない。シーズンが終わった後に、将来について考える時間は十分にある 」

「 若かったら、何かをやるために残された時間は多い。でもそうじゃない。若くないし、本当にタイトルが欲しいんだ。新シーズンについて話すには早すぎる。夏には何だって起こりうる。選手が来たり、出ていったりね 」


 2013年からドルトムントでプレーしているパパスタソプロス。
 当初、加入に疑問視が投げかけられたものの、ドルトムントで圧巻するパフォーマンスを披露しており、今季最終ラインの砦として活躍してきた。



関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top