ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » シティ、新守護神にエデルソン獲得へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

シティ、新守護神にエデルソン獲得へ

edeluson.jpg




 ベンフィカ所属のGKエデルソン。マンチェスター・シティがエデルソン獲得に関心を示していた。
 報道によると、シティがエデルソンを獲得したことを正式発表した。


 シティはベンフィカに対し4000万ユーロの移籍金を支払うことに。
 エデルソンの取引では、巨額の移籍金が支払われると噂され続けてきた。


 これまでの記録は、当時パルマに所属していたGKジャンルイジ・ブッフォンがユヴェントスへ移籍した際に支払われた5288万ユーロ。
 シティがエデルソン獲得で、この記録を塗り替えるかどうかが注目されてきた。


 だが、エデルソンの取引では市場最高額の更新はなく、ブッフォンの取引に次ぐ第2位の数字となったという。
 現在23歳のエデルソン。
 サンパウロの下部組織からベンフィカに加入し、2011年からポルトガルの他クラブを点々と渡り歩いた。


 2015年夏にベンフィカに復帰し、昨季途中から正守護神に。
 今季、ポルトガルリーグで全34試合中27試合に出場し、リーグ優勝に大きく貢献していた。



関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。