ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » チェルシーがダニエウ・アウヴェス獲得を獲得か? 右WBで起用しモーゼスとポジション争いを期待

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

チェルシーがダニエウ・アウヴェス獲得を獲得か? 右WBで起用しモーゼスとポジション争いを期待

daubesu.jpg




 チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督が、ユヴェントス所属のDFダニエウ・アウヴェスの獲得を望んでいるようだ。
 現在34歳のダニエウ・アウヴェス。惜しくもチャンピオンズリーグタイトル獲得は逃したものの、リーグ6連覇には大きく貢献し、国内2冠を達成。


 今季、コンテ監督は右WBのポジションにナイジェリア代表のヴィクター・モーゼスを重要視して起用。
 コンテ監督は、同ポジションにダニエウ・アウヴェスが適任だと考えており、実質競争のない右WBにダニエウ・アウヴェスを獲得することで競争力を高めることを押し屋に入れているようだ。


 バルセロナで黄金時代を築き上げ数多くのタイトルを獲得し続けてきてあダニエウ・アウヴェス。
 その後、ユヴェントスに移籍して意向も国内タイトルを乱取りし、そのパフォーマンスはチームに大きな力をもたらしている。


 そんなアウヴェスに関しては、マンチェスター・シティやトッテナム等が獲得の可能性を伺っているとしている。
 なかでも、ジョゼップ・グアルディオラ監督率いるシティが、アウヴェス獲得を熱心に誘っており、指揮官が同選手ともう一度仕事をしたいと考えているという。


 ユヴェントスとアウヴェスの現行液役は2018年まで。移籍金が発生する今夏の放出はユヴェントス側にとって選択肢の一つであることは間違いない。
 だが、アウヴェスロスのことを考えると、その大客確保は非常に難しいのが現状。
 ユヴェントスの右サイドを攻守に渡り躍動するアウヴェスを簡単に手放すかの可能性は考えにくい。


 契約満了を盛って、両社円満の退任というのが理想的な選択肢であるような気もするのだが果たして。



関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。