ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » グリーズマン、来季もアトレティコでプレーすることが正式決定へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

グリーズマン、来季もアトレティコでプレーすることが正式決定へ

griuzu.jpg






 アトレティコ・マドリー所属のFWアントワーヌ・グリーズマン。今夏の移籍市場でマンチェスター・ユナイテッド移籍が秒読みとされてきたが、ここにきて同選手は後レティに残留することを決断したようだ。


 FIFAから制裁を受けている戦力補強の禁止処分。スポーツ仲裁裁判所に異議申し立てを求めていたが、スポーツ仲裁裁判所はFIFAの主張を示唆。
 これにより、この夏の新戦力獲得は困難となったため、主力選手引き抜きを最後まで阻止しなければならないのがアトレティコの現状だ。


 これらを受け、アトレティコは去就が注目されるグリーズマンに対し、新たな契約を用意し締結に向け動いているとのこと。
 このフランス代表FWが、アトレティコが3週間真絵に提示した新契約の申し出を了承する見通しであることが明らかとなった。


 グリーズマンは、自身の去就について『 グリーズマンは今日( 現地時間2日 )、アトレティコを動かないことを決めた 』と証言。
 アトレティコにとっては、この上ない朗報であることは間違いない。


 3ヶ月前にアトレティコとグリーズマンは2021年まで新契約を締結。この際、契約解除金が1億ユーロに再設定されていた。
 ユナイテッドにとっては、グリーズマン引き抜きは悲願の一つとされてきた。
 破格のオファーを要しいているともう噂されており、一説によると契約解除金満額を支払う準備があるとも伝えられていた。


 だが、純粋に大きな戦力として期待を集めているグリーズマンのこの夏の流出は避けることができず、最終的にアトレティコ残留が規定路線とみられるのだが。


関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。