ホーム » 2017年夏の移籍市場 » マドリーが獲得に関心のアザール、『 オファーがあれば検討する 』

マドリーが獲得に関心のアザール、『 オファーがあれば検討する 』

edenhzarl.jpg




 チェルシー所属のMFエデン・アザール。今夏の移籍市場での去就が注目されている。
 レアル・マドリーがアザール獲得に関心を示しているが、アザール本人が興味深いことを口にした。

「 もちろんマドリーからオファーがあれば、検討する。なぜならトロフィーを勝ち得ることを望んでいる。それにチャンピオンズリーグで優勝できれば偉大なことだ。でもチェルシーも来シーズンのチャンピオンズリーグ制覇を目標に掲げている。今後、何が起きるか本当にわからないんだ 」

「 今分かっていることは、チェルシーとあと3年年契約が残っていて、2016-17シーズンは素晴らしかったことだ。来シーズンはリーグ戦とチャンピオンズリーグで良い成績を残したい。チェルシーで満足しているが、今後何が起きるかわからない。それにまだ首脳陣と新契約の話をしていない。まずはベルギー代表として2試合を戦い、それからオフに入る。できるだけフットボールのことは考えないようにしたい 」


 昨季、アザールのサッカー人生にないほどの不振にあえぎ、チェルシー退団の可能性が伝えられてきた。
 しかし、今季アントニオ・コンテ監督の下で新たなモチベーションを見出し見事復活。


 プレミアリーグ制覇の原動力となったアザールは、放出候補から一転してチームの中心選手に。
 チェルシーの幹部もアザールに強い信頼をおいており、選手本人もチェルシーで継続的な挑戦を示唆していることから考えると、引き抜きを画策するマドリーにとって、大きな障害の一つであることは間違いなさそうであるが。



関連記事

Return to page top