ホーム » 監督人事 » トゥヘル、新天地はレヴァークーゼン? 代理人は就任の可能性を否定
« スポンサードリンク »

トゥヘル、新天地はレヴァークーゼン? 代理人は就任の可能性を否定

tohel.jpg




 先日、ボルシア・ドルトムントの指揮官を退任したばかりのトーマス・トゥヘル氏。レヴァークーゼンの新指揮官就任が噂されていたが、同氏の代理人であるオラフ・マインキン氏が可能性を完全否定した。

「 休暇が終わった後、物事がどう動いていくのか見てみるつもりだ 」

「 トゥヘルも少し監督業を休むかもしれない。だが、海外のクラブに行く可能性もある 」


 来季の去就に注目されているトゥヘル氏だが、ドイツ国内での挑戦は一つ区切りがついたのかもしれない。
 ステップアップを望むトゥヘル氏だが、ドイツ国外のトップクラブに指揮官の席はなく。


 新たなスタイルを模索するために、一旦休養という選択肢もありなのかもしれない。



関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top