ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » ミラン、補強第3号はリカルド・ロドリゲス、懸案の左サイドバックの補強に光明が

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

ミラン、補強第3号はリカルド・ロドリゲス、懸案の左サイドバックの補強に光明が

rrodorigesum.jpg




 ヴォルフスブク所属のDFリカルド・ロドリゲス。現地時間7日、ACミラン加入に向けイタリア・ミラノでメディカルチェックを受ける予定であるという。
 ミランのマルコ・ファッソーネCEOは、ロドリゲス獲得に向け最終調整のためドイツへ向かった。


 すでにクラブ間の交渉は進められており、ヴォルフスブルクとの交渉は順調に進んでいる。
 左サイドバックの補強を画策していたミランにとって、リカルド・ロドリゲスの獲得は願ってもない補強。


 リカルド・ロドリゲスの獲得に関しては、インテルやナポリと言ったクラブも獲得に関心を示していたが、ミランがこの争奪戦を制した格好だ。
 獲得に伴う移籍金、契約期間等細部を詰める交渉はラストスパート。


 リカルド・ロドリゲス獲得となれば、“ Next パオロ・マルディーニ ”との呼び声が高いDFマッティア・デ・シリオのユヴェントス移籍が加速することとなりそうだ。


関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。