ホーム » 2017年夏の移籍市場 » チェルシー、ファン・ダイク獲得失敗でボヌッチを標的か?
« スポンサードリンク »

チェルシー、ファン・ダイク獲得失敗でボヌッチを標的か?

bonutity.jpeg




 ユヴェントス所属のDFレオナルド・ボヌッチ。今夏の移籍市場で去就が注目されるボヌッチに、チェルシーが獲得の可能性を探っているようだ。
 昨年夏の移籍市場で、マンチェスター・シティが3800万ポンドのオファーを用意ボヌッチ獲得に迫った。


 だが、この取引は最終的に破断に終わりユヴェントスへ残留。この残留という選択は正しく、今季リーグ6連覇で国内2冠そして、チャンピオンズリーグ準優勝という結果を残した。
 来季に向け新たな展望が見え隠れしているユヴェントス。


 だが、ボヌッチはチャンピオンズリーグのレアル・マドリー戦で敗退して以降、ボヌッチの態度は激変。
 これまでユヴェントス残留が規定路線とされてきたボヌッチだが、ここにきてイタリア国外への挑戦を視野に入れ始めているのかもしれない。


 チェルシーのファーストチョイスは、プレミアリーグで経験豊富なサウサンプトン所属のDFビルヒル・ファン・ダイクだ。
 アントニオ・コンテ監督もファン・ダイク獲得を熱防止している。


 しかし、同選手はこの夏の注目銘柄の一人であり、熾烈な争奪戦が必須。
 争奪戦を一歩リードしていると言われているのがユルゲン・クロップ監督率いるリヴァプールだ。


 リヴァプール側は、サウサンプトンが求める契約解除金満額を支払う用意があるとされており、また両クラブの友好的な関係性を考えるとプレミア王者でも横槍を入れることは困難か?


 一時の報道では、ファン・ダイク獲得争奪戦から早々に撤退し、コンテ監督が獲得を熱望するボヌッチ引き抜きに注力し始めているのかもしれない。
 ボヌッチにとって、コンテ監督は信頼が置ける恩師の一人。



 両者の関係性は非常に良好な状態が続けており、チェルシーでコンテ監督は自身のスタイルである3バックを採用しプレミア王者に走り抜いた。
 その中核な選手としてボヌッチを据えることを画策。


 イングランドサッカーは独特なスタイルや生活環境の大きな変化から適応に苦しむ選手が多い。
 だが、ボヌッチはコンテ監督のサッカースタイルを熟知しており、生活面での適応が難なく行うことができれば、適応まで多く尾の時間は必要ないとみられている。


 これまで、ユヴェントスへ忠誠を誓い続けてきたボヌッチ。
 残留が基本であることは間違いないが、30歳を迎え一つの区切りとしてモチベーションを求め国外挑戦を選択する可能性もあるのだが。



関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top