ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » ユナイテッドがモラタ獲得オファーへ、しかしマドリーはこれを拒否

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

ユナイテッドがモラタ獲得オファーへ、しかしマドリーはこれを拒否

myunaitedo.jpg



 レアル・マドリーが、マンチェスター・ユナイテッドから届いたFWアルバロ・モラタ獲得オファーを拒絶したようだ。
 報道によると、ユナイテッドはモラタ獲得に向け移籍金5240万ポンドのオファーを提示。


 しかし、マドリー側は7800万ポンド以下のオファーでは交渉のテーブルにつかない姿勢を見せた。
 ユナイテッドからのオファーを拒絶した形となるが、両クラブはファーストインプレッションという状態。


 今後、水面下で交渉を進めながら折り合いのつくところでユナイテッド側は合意を取り付けようと動いてくるだろう。
 一方で、モラタ獲得にプライオリティを置いているユナイテッドだが、同選手獲得失敗に備えトリノ所属のFWアンドレア・ベロッティをリストアップ。


 ユナイテッドは、先日まで移籍秒読みとされてきたアトレティコ・マドリー所属のFWアントワーヌ・グリーズマンがクラブ残留を表明したことで、ストライカーの戦力補強に大きな混乱を真似ている。
 駒不足のストライカー人に大きなメスをいれるべく、ジョゼ・モウリーニョ監督を筆頭しクラブフロント一丸となり、マーケットを駆け回っていることは間違いない。


 果たして、ユナイテッドは新ストライカーにどの選手をひきぬいき来季をスタートすることとなっているのだろうか?




関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。