ホーム » 2017年夏の移籍市場 » ディ・マリア、バルセロナ移籍か?
« スポンサードリンク »

ディ・マリア、バルセロナ移籍か?

dhimariab.jpg




 パリ・サンジェルマン所属のMFアンヘル・ディ・マリア。バルセロナがディ・マリア獲得を画策しているようだ。
 今夏の移籍市場でMFアルダ・トゥランにアーセナル移籍が噂されており、バルセロナはその代役にディ・マリアを示しているという。


 アルダ・トゥランは、今季公式戦で30試合に出場し、リーグ序盤戦にリオデジャネイロ・オリンピック出場でチーム合流が遅れたFWネイマールの穴を埋めるパフォーマンスを披露し、バルセロナ加入後に最も充実したシーズンを過ごした。


 フィジカルコンディションの調整に苦慮していたネイマールだが、シーズンが後半に差し掛かるにつれ同選手が出場機会を確保し始めると同時にアルだ・トゥランの出場機会が激減。
 出場機会を欲するアルダ・トゥランは、今夏の移籍市場でアーセナルへの移籍が噂されており、その去就が注目されていた。


 アルダ・トゥランを失うこととなれば、バルセロナは代役確保が必須。
 今冬の移籍市場でエヴァートンからACミランへレンタル契約で移籍し、好パフォーマンスを披露したMFジェラール・デウロフェウ復帰が噂されてきたが、ここにきてターゲットをディ・マリアに絞りつつあるという。


 2014年夏にレアル・マドリーを退団して以降、苦しいシーズンを送り続けているディ・マリア。
 勝手を知ったリーガ・エスパニョーラ復帰は選手にとって悪い話ではないだろう。


 戦術的順応性が高く評価されるディ・マリアは、バルセロナにとって大きな戦力であることは間違いない。
 パリSG側も、ディ・マリアに対し適切なオファーが届けば移籍交渉の席に着く準備があると言われており、この夏の動きに注目が集まりそうだ。



関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top