ホーム » 2017年夏の移籍市場 » オーバメヤン、パリ・サンジェルマン移籍で基本合意か?
« スポンサードリンク »

オーバメヤン、パリ・サンジェルマン移籍で基本合意か?

obamep.jpg




 ボルシア・ドルトムント所属のFWピエール=エメリク・オーバメヤン。今夏の移籍市場で去就が注目されるオーバメヤンが、パリ・サンジェルマン移籍で個人合意に達したようだ。


 ドルトムントとの現行契約を2020年まで残すオーバメヤン。
 今夏の移籍市場で去就が注目され、ドルトムント退団が既定路線とされてきた。


 報道によると、オーバメヤンはパリSGと年俸1400万ユーロの4年契約で合意。
 すでにクラブ間交渉に移行しており、ドルトムント側に7000万ユーロのオファーを提示しているという。
 なお、この条件にはパリSGのFWジャン=ケビン・オギュスタンが譲渡が盛り込まれている。


 すでにフランス移籍に向け準備を進めているオーバメヤン。
 ドルトムント側も、オーバメヤン退団以降の青写真を描いており、近日中にも交渉が成立する見通しのようだ。



関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top