ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » リヴァプールに激震! ファン・ダイク獲得交渉に不正な動きが... 獲得交渉は事実上頓挫へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

リヴァプールに激震! ファン・ダイク獲得交渉に不正な動きが... 獲得交渉は事実上頓挫へ

fandaikusa.jpg




 リヴァプール移籍間近と報じられてきたサウサンプトン所属のDFフィルジル・ファン・ダイク。
 報道によると、リヴァプールはファン・ダイク獲得交渉で不正があったとし、移籍交渉から身を引くこととなったようだ。


 リヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督は、この夏の補強最優先事項としてファン・ダイク獲得を目指してきたと言われてきた。
 選手本人もリヴァプール移籍を熱望しているとされており、正式合意間近とされてきた。


 ファン・ダイクを巡っては、この夏に熾烈な争奪戦が繰り広げられるとされており、他クラブへの移籍を阻止すべく手に触れて肺な軽方法で選手と接触したとされている。
 移籍のルールでは、どのクラブとも契約をしていない場合、あるいは所属元のクラブと獲得を望むクラブが合意に達した倍にのみ、選手との直接交渉が認められている。


 このルールにリヴァプールが違反したのではないとみられている。
 この報道に大使、リヴァプールは即座に対応。次のようなコメントを残し、ファン・ダイク獲得交渉から手を引くことを明確にした。


「 リヴァプールは、サウサンプトンに対して誤解を招いてしまったことで謝罪したい。我々は、ファン・ダイクに関することで、サウサンプトンのオーナー、ディレクター、ファンにお詫びしたい。我々はサウサンプトンの立場を尊重し、同選手への関心がなくなったことを表明する 」


 サウサンプトンは一貫してファン・ダイク放出を拒む姿勢を明らかにしている。
 なお、この夏マンチェスター・シティやチェルシーといったプレミアトップクラブがファン・ダイク獲得に関心を示しており、移籍を回避することはできないとみられているのだが。


関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。