ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » ダニエウ・アウヴェスがユヴェントス退団? 契約延長にプライオリティを起きつつも...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

ダニエウ・アウヴェスがユヴェントス退団? 契約延長にプライオリティを起きつつも...

danieuauvesuy.jpg




 ユヴェントス所属のDFダニエウ・アウヴェス。今夏の移籍市場で同クラブを退団する可能性があることを示唆した。
 クラブとの現行契約は2018年まで残されている。


 アウヴェスは契約延長を望んでいるものの、これが実現されない限り移籍も辞さない構えであることを貫いている。
 すでにプレミアリーグや中国スーパーリーグのクラブからオファーも舞い込んでおり、ユヴェントスがアウヴェスの要求を受け入れなければ、この夏の遺跡を検討することとなるという。


 昨年夏にバルセロナからユヴェントスへフリートランスファーでの移籍を果たしたアウヴェス。
 今季、公式戦で33試合に出場し6得点7アシストをマーク。


 クラブのリーグ6連覇に大きく貢献するパフォーマンスを披露。年齢を感じさせないプレーでファンを魅了している。
 仮にユヴェントスが契約延長を決断したとしても、現行契約を1年延長するのみ。


 この契約を締結した時点で、アウヴェスは36歳であり、同ポジションの世代交代を求めるクラブにとって大きな弊害を生むこととなるかもしれない。
 とはいえ、絶対的なスタメンとしてプレーし続けてきたアウヴェスの代役探しは難しいのが現状。


 契約満了までアウヴェスをクラブに留め、スムーズな世代交代がユヴェントスにとって理想的なシナリオだけに、選手側のアプローチは大きな波紋を呼ぶこととなるかもしれない。


関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。