ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » ジエゴ・コスタ、チェルシー退団が決定的か? コンテ監督が『 必要ない 』と示唆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

ジエゴ・コスタ、チェルシー退団が決定的か? コンテ監督が『 必要ない 』と示唆

dhiegokosutam.jpg




 チェルシー所属のFWジエゴ・コスタ。クラブを率いるアントニオ・コンテ監督が、遂に同選手に対し引導を渡したようだ。
 今季、リーグ戦で20ゴールをマークし、チェルシーのリーグ制覇に大きく貢献したジエゴ・コスタ。


 だが、この裏で冬のマーケットで破格のオファーを提示した中国スーパーリーグ移籍が報じられるなど、クラブとの摩擦が耐えることがなかった。
 クラブ側は既に、ジエゴ・コスタ退団後のチーム作りに着手しており、エヴァートン所属のFWロメル・ルカク獲得に動いている。


 去就が注目されるコスタだが、コンテ監督から来季の構想に入っていないことを告げられ、次のようなコメントを残している。

「 携帯電話にコンテから簡単なメッセージが来ていた。来シーズン、彼は僕を当てにしていないようだ 」

「 今年に入ってから調子が良くなかったからだと思う。はずべきことだった。クラブの人間からそのような話を聞いていたが、今、コーチが僕を信頼しておらず、必要としてないことがはっきりした。僕は市場に出て、新たなチームを探す。コーチが必要としていないことが分かったら、ここから離れる以外の選択肢はない 」


 この発言により、マーケットに出回ることがほぼ確実となったことは間違いないだろう。
 スペイン代表でロシア・ワールドカップ出場を目指している本人にとって、トップレベルでのプレーは必要不可欠。


 選手本人は、古巣アトレティコ・マドリー復帰を隠そうとしていない。アトレティコ復帰について問われ次のようなコメントを残している。

「 アトレティコに戻れたら嬉しい。でもすべてのことを考える必要がある。ワールドカップも控えているからプレーする必要がある。プレーせずに4、5ヶ月を過ごすことはできない。しかし、アトレティコのチームメイトを愛しているし、マドリーでの生活が恋しい 」


 この夏、アトレティコはFIFAからの制裁で戦力補強が禁止されている。
 仮に、コスタがアトレティコ復帰を臨んだとしても半年間は試合から遠ざかることに。
 そんなコスタには、ACミランも獲得に関心を示しており、未だ人気に陰りを見せることはないようであるが、選手の決断は如何に?



関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。