ホーム » 2017年夏の移籍市場 » ラフィーニャがバルセロナ移籍か? 代理人がバレンシアと会合へ
« スポンサードリンク »

ラフィーニャがバルセロナ移籍か? 代理人がバレンシアと会合へ

rafinya.jpg




 バルセロナ所属のMFラフィーニャ。バレンシア移籍の可能性が浮上した。
 報道によると、ラフィーニャの父親であり代理人を務めるマジョーニ氏が、バレンシアを訪れスポーツディレクターを務めるホセ・ラモン・アレサンコ氏と会合を持ったようだ。


 昨季途中に、右膝前十字靭帯断裂という大怪我を追い長期離脱を強いられたラフィーニャ。
 今季、鮮烈に復帰し公式戦28試合に出場し7ゴールをマークするなどキャリアハイの活躍を披露した。


 だが、今年4月にまたしても右ひざを負傷。全治4ヶ月の重症を負い鮮烈を離脱。
 フィディカルコンディションの調整等もあり、来季開幕はほぼ絶望。


 天賦の才を持つラフィーニャだが、今までバルセロナでくすぶり続けている。
 バレンシアは、レンタル契約での獲得を画策している一方で、バルセロナは完全移籍での売却を目指しているとされているが。



関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top