ホーム » 2017年夏の移籍市場 » バルセロナがエレーラ獲得に注視も、モウリーニョ監督が放出を否定
« スポンサードリンク »

バルセロナがエレーラ獲得に注視も、モウリーニョ監督が放出を否定

ererayu.jpg




 マンチェスター・ユナイテッド所属のMFアンデル・エレーラ。バルセロナがエレーラ獲得に向け動いている。
 来季よりバルセロナを率いるエルネスト・バルベルデ新監督が、アスレティック・ビルバオで指導した経験を持つエレーラを中心選手として起用することを模索。


 中盤の刷新を画策するバルセロナが、プレミアリーグで一皮むけたエレーラ獲得に注力している。
 だが、クラブを率いるジョゼ・モウリーニョ監督がこれに反論。


「 どんな価格でも売るつもりはない 」


 プレミアリーグ初挑戦となった昨季は、不本意なシーズンを過ごしたもののモウリーニョ監督のもとで本来のパフォーマンスを発揮。
 今季、公式戦50試合に出場し2ゴールをマーク。


 攻守両面で躍動するエレーラをモウリーニョ監督は高く評価している。
 エレーラにとってバルセロナからのオファーは魅力だと考えるが、選手本人側のコメントは漏れてこず、モウリーニョ監督は最後まで慰留に努めることとなるだろう。



関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top