ホーム » 2017年夏の移籍市場 » チェルシー退団のジエゴ・コスタ、ミラン移籍の可能性が消滅へ

チェルシー退団のジエゴ・コスタ、ミラン移籍の可能性が消滅へ

kosmir.jpg




 チェルシー所属のFWジエゴ・コスタ。今夏の移籍市場で去就が注目されるコスタだが、噂されるACミランへの移籍の可能性が消滅しつつあるようだ。
 先日、アントニオ・コンテ監督が来季の構想にコスタが含まれていないことを明らかにした。


 すでにエヴァートン所属のFWロメル・ルカク獲得に動いているチェルシー。
 ルカク獲得オペレーションを実現させた時点で、コスタは売却される見通しだ。


 そんななか、前線の補強を画策するミランがコスタ獲得に名乗り。
 精力的に動いていたが、コスタのミラン移籍に暗雲が立ち込め始めている。


 選手の代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏がミランの幹部と会合を行った際、週給20万ポンドのサラリーを要求。
 チャイナマネーが流入したミランだが、選手側が求める条件に応じることができず、コスタ獲得争奪戦から撤退した可能性があるようだ。


 アトレティコ復帰を熱望するコメントを残したコスタ。
 チェルシー退団は規定路線だが、選手が受け取る高額なサラリーはネックとなることは間違いないだろう。


 リスタートが余儀なくされるコスタだが、チェルシーが支払っているレベルのサラリーを用意できるクラブは数限られる。
 ハイレベルなポジションで出場機会を求めるのであれば、一定の減俸を受け入れなければならなくなりそうだ。



関連記事

Return to page top