ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » モラタ移籍交渉が進展か? 去就の決断はマドリーが握る?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

モラタ移籍交渉が進展か? 去就の決断はマドリーが握る?

moratamadoi.jpg




 レアル・マドリー所属のFWアルバロ・モラタ。今夏の移籍市場でマンチェスター・ユナイテッド移籍が噂されている。
 ユナイテッドへの移籍が事実上決定したモラタだが、選手の本人の移籍最終決断はマドリーに委ねられているという。


 ユナイテッドはモラタ獲得を注視し続けている。
 先日6000万ユーロのオファーを提示したものの、マドリーはこれを拒否。


 ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、モラタ引き抜きに向け移籍金のさらなる増額を準備しているという。
 去就が注目されるモラタだが、自身の去就について次のようなコメントを残した。

「 マンチェスター・ユナイテッド? 彼らは素晴らしい魅力を備えたチームで、興味深い選択肢だ。言えることはとてもとても興味深い模索をされているが、レアルの決断を待たないといけないということだ。それ以上は言えない 」


 モラタを巡っては、チェルシーやACミラン等複数のクラブが獲得の可能性を探っている。
 マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督はモラタ残留を熱望している。


 果たして、マドリーは今季、FWカリム・ベンゼマを抜く得点をマークしたモラタを簡単に売却することとなるのか注目が集まりそうだ。



関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。