ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » シティ、トッテナムのカイル・ウォーカー引き抜きを画策へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

シティ、トッテナムのカイル・ウォーカー引き抜きを画策へ

kairuuxo.jpg




 マンチェスター・シティがトッテナム所属のDFカイル・ウォーカーの引き抜きを狙っているようだ。
 報道によると、シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が高く評価するウォーカー獲得に向け、トッテナムと会談の場を設けるという。


 この会談でシティは、ウォーカーの移籍について探る予定。
 だが、トッテナム側はウォーカー売却の選択肢はなく、シティにとってタフな交渉を強いられることとなるだろう。


 なお、シティはウォーカー引き抜きのために4000万ユーロの移籍金を用意。
 トッテナムは、来季チャンピオンズリーグ出場権を確保しているため、現有戦力の維持は必須。


 ウォーカー自身、ステップアップの移籍を望んでいるかどうかに注目が集まるが、トッテナムが慰留に努めるとなれば、サラリーの増額は必須。
 サラリーキャップを用いているトッテナムにとって、サラリーキャップ上限までウォーカーのサラリーは高騰。


 このルールに例外を作ることとなれば、他選手が黙っておらず、健全経営に悪影響が。
 ウォーカー放出を最後まで誇示し続けるトッテナムとすれば、サラリー以外のポイントでウォーカーの慰留に注力しなければならないという辛い現実が待ち受けているが。



関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。