ホーム » スポンサー広告現役引退 » ブッフォン、ロシア・ワールドカップ終了後に現役引退の可能性を探る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

ブッフォン、ロシア・ワールドカップ終了後に現役引退の可能性を探る

buffoni.jpg




 ユヴェントス所属のGKジャンルイジ・ブッフォン。自身の去就について次のような興味深いコメントを残した。

「 99.9パーセント引退するだろう。重要なイベントも多く、濃密な最終シーズンになるだろう。その後がやめるべき時だろう 」


 去就が注目されるブッフォンだが、同選手にとっても大きな心残りがあることは間違いない。
 マッシミリアーノ・アッレグリ監督率いるユヴェントスでリーグ6連覇を達しし、コッパ・イタリアも制した。
 国内2冠を達成したユヴェントスにとって、イタリア国内では無敵を誇っている。


 一方で欧州の舞台に目を向けてみると、今季チャンピオンズリーグ決勝戦に進出するなど、着実に競争力を取り戻している。
 躍進に次ぐ躍進で、頂まで後一歩のところに迫ったもの、レアル・マドリーに敗退。


 来季、チャンピオンズリーグ優勝を目指しているユヴェントス。
 熾烈な戦いが強いられることは間違いないが、来季こそチャンピオンズリーグの頂点そして、自身2度目となるワールドカップ制覇という2つの大きな目標を掲げシーズンを戦い抜くことに。

「 もしチャンピオンズリーグで優勝することになれば、もう1シーズン現役を続けてクラブワールドカップや他のタイトルも獲得したい 」


 まずは、チャンピオンズリーグだ。同タイトルを獲得することに成功した場合、現役生活が1年伸びることとなる。
 仮に獲得に失敗した場合、選手が示唆するように来季がラストイヤーになる可能性は十分にある。




関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。