ホーム » 2017年夏の移籍市場 » ヤヌザイ、ソシエダへ移籍か? ユナイテッド構想外で完全移籍で新天地を求めるとも

ヤヌザイ、ソシエダへ移籍か? ユナイテッド構想外で完全移籍で新天地を求めるとも

yanuzaik.jpg




 マンチェスター・ユナイテッド所属のMFアドナン・ヤヌザイ。今夏の移籍市場でレアル・ソシエダへ完全移籍で新天地を求める可能性が浮上した。


 13−14シーズンにクラブを率いていたデイビッド・モイーズ元監督が重要視し大きなるインパクトを残したヤヌザイ。
 その後、クラブが大型補強を繰り返し出場機会をが激減。


 15−16シーズンからボルシア・ドルトムントへ、そして同シーズンの冬の移籍市場でサンダーランドへレンタル契約での移籍を繰り返し、結果を残すことができていない状況にある。


 キャリアで最も難しい時を過ごしているヤヌザイ。
 この夏、保有権を持つユナイテッド復帰が確定しているが、ジョゼ・モウリーニョ監督の構想には無論含まれていない。
 そのため、移籍することが既定路線とされており、受け入れ先のクラブがどこになるかが注目されている。


 そんなヤヌザイに対し、ソシエダがこの夏のトップターゲットとして獲得を画策。
 ユナイテッドが設定する800〜850万ポンドの移籍金を支払う用意があるようだ。


 将来性が嘱望しされたヤヌザイ。未だマーケットでの評価は高く、各リーグの中堅クラブがこぞって獲得に関心を示している。
 元“ 神童 ”も苦しい状況を強いられているが、ソシエダの他にもマルセイユ等が獲得に関心を示していることもあり、この夏の去就が注目されている。



関連記事

Return to page top