ホーム » 2017年夏の移籍市場 » 去就が注目のヴェッラッティ、選手本人はバイルセロな移籍を決断か?

去就が注目のヴェッラッティ、選手本人はバイルセロな移籍を決断か?

verathibarus.jpg




 パリ・サンジェルマン所属のMFマルコ・ヴェッラッティ。今夏の移籍市場で去就が注目されるヴェッラッティは、バルセロナ移籍を夢見ているようだ。


 クラブとの現行契約を2021年まで残すヴェッラッティ。
 クラブのナセル・アル・ケライフィ会長は、ヴェッラッティの退団は望んでおらず、巨額のオファーで契約延長に迫っているという。


 だが、数多くのタイトル獲得を目指すヴェッラッティは、この夏にメガクラブへの移籍を志願。
 すでにクラブ側に退団の意向を伝えており、放出リストへリストアップするよう求めている。


 そんなヴェッラッティは、この夏に中盤のテコ入れに力を入れているバルセロナが獲得の可能性を探っている。
 両者、相思相愛の間柄であることは間違いない。


 だが、問題は獲得に必要な移籍金だ。
 推定1億ユーロとも言われるヴェッラッティ獲得オペレーションだが、バルセロナに満額を支払うだけの財力はない。


 何より他のセクションの補強にも迫られている現状を考えれば、ヴェッラッティ一人の巨額の投資を行うことは困難。
 これまで市場価値以下の価格でトップレベルの選手を引き抜いてきた交渉手腕が試されるところだが、相手はパリSGだ。


 無尽蔵と言われる圧倒的な資金力を背景に、マーケットで大型投資を繰り返してきた同クラブにとって、1億ユーロは大した金額ではないだろう。
 それよりも、イタリア代表司令塔の流出の方がはるかに痛手。


 問題は、パリSGでのプレーに大きくモチベーションを落としている選手の意向だ。
 ヴェッラッティの代理人は、『 この件はおっても複雑だ。だが、我々はクラブにはっきりと意向を述べている。それはバルセロナがどうかに関してではなく、今後の計画についてだ 』と話している。


 選手側の心は、すでにパリSGにはない。新たなモチベーションを与えるためには、クラブ側は明確な青写真が必要。
 リーグ5連覇を逃し、チャンピオンズリーグではバルセロナに同大会市場稀に見る大逆転劇を許し早期敗退が決定した。


 限りない資金力を持ってしても、一つのサイクルを続けることをできなかったパリSG。
 新たなサイクル構築に向け、ウナイ・エメリ監督とともに、チームを土台から作り直す必要があり、ヴェッラッティはその工程を待っているだけの時間がないと判断しているのかもしれない。


 この夏、ヴェッラッティの周辺は非常に慌ただしくなることは明白。
 パリSG、そして獲得を望むバルセロナ、ヴェッラッティ。
 関係者全ての周辺が慌ただしくなることは間違いないが、今後どのような道を歩んでいくこととなるのか注目が集まりそうだ。


関連記事

Return to page top