ホーム » 移籍情報 » 去就が注目のデンベレ、ドルトムント残留を示唆
« スポンサードリンク »

去就が注目のデンベレ、ドルトムント残留を示唆

denbere.jpg




 ボルシア・ドルトムント所属のFWウスマン・デンベレ。今夏の移籍市場でバルセロナが獲得の可能性を探っている。
 だが、選手本人は噂されている自身の去就について興味がないようだ。


 昨年夏にレンヌからドルトムントへ加入したデンベレは、ブンデスリーガ初挑戦ながら公式戦49試合に出場し11ゴール21アシストと攻撃陣の中心選手として活躍。


 恩師であるトーマス・トゥヘル元監督がクラブを退団し、クラブの決断に大きな落胆を覚えたという。
 そんなデンベレに対し、いち早く動いたのがバルセロナだ。


 しかし、選手本人はバルセロナへの移籍に関心を示しておらず、次のようなコメントを残した。

「 僕はドルトムントで幸せだし、2021年までの契約を持っている。人々が何を言おうが、木にすることはないさ 」


 こう述べ、ドルトムント残留を強調。
 クラブ間では、公式に接触があったとされているが、選手本人は移籍を考えておらず、このまま噂は収束に向かっていくこととなりそうだ。



関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top