ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » ユヴェントスが中盤の補強にセビージャのエンゾンジ獲得を画策か?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

ユヴェントスが中盤の補強にセビージャのエンゾンジ獲得を画策か?

enzonnjiy.jpg




 ユヴェントスが、セビージャ所属のMFスティーヴン・エンゾンジ獲得に向け交渉をスタートするようだ。
 今夏の移籍市場で中盤の更な流拡充を画策するユヴェントス。


 複数の選手がリストアップされているが、その中でもエンゾンジがリストの上位に位置しているとされている。
 セビージャはエンゾンジ残留を強く求めているが仮に移籍することとなった場合、4000万ユーロの移籍金を要求するとみられている。


 この夏の注目銘柄であるエンゾンジには、ユヴェントスのほかにもインテルやACミランといったクラブが獲得に関心を示している。
 争奪戦必須のエンゾンジ。


 現在28歳の長身MF。今季、セビージャでリーグ戦35試合に出場し2ゴールをマークする活躍を披露。
 ホルヘ・サンパオリ元監督の評価は高く、数字以上の結果をチームにもたらしているだけに、今後の動きに注目が集まりそうだ。



関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。