ホーム » 2017年夏の移籍市場 » マドリーがムバッペ獲得に注力か モナコ側は移籍金市場最高額のオファーを要求へ
« スポンサードリンク »

マドリーがムバッペ獲得に注力か モナコ側は移籍金市場最高額のオファーを要求へ

mubappamad.jpg




 ASモナコ所属のFWキリアン・ムバッペ。レアル・マドリーがムバッペ獲得に注力している。
 去就が注目されるムバッペだが、保有権を持つモナコはムバッペ売却に1億3500万ユーロの移籍金をマドリーに要求しているという。


 先日、両クラブ間で会談が行われムバッペの移籍交渉が行われた。
 モナコ側は、ムバッペの残留が基本路線という姿勢を強調しているが、仮に移籍となればマーケット市場最高額を更新するオファーを要求。


 これは、選手本人がこの夏の移籍について否定的な考えであることも後押ししているだろう。
 すでにムバッペの去就には欧州のビッグクラブが獲得に関心を示しており争奪戦は必須。


 ムバッペ獲得を画策するマドリーは、この夏FWアルバロ・モラタとMFハメス・ロドリゲスに移籍の可能性が噂されており即戦力級の補強が必須。
 両選手の売却で1億5000万ユーロ程度の収益を得られると予想するマドリーは、その大部分をムバッペ獲得オペレーションに投資するとみられている。


 すでに、マドリーのトレーニング施設などを見学されたとされているムバッペ。
 移籍に向けた準備は着々と進められていると噂されているが、未だに具体的な交渉に発展していないのは来季の構想が定まっていないからだろう。


 ムバッペ獲得は、余剰戦力の売却が必須。これはマドリー幹部も明らかにしていることであり、ムバッペ獲得オペレーション遂行に向け交渉が進められていくこととなりそうだ。
 果たして、マドリーはムバッペ獲得を実現させることができるのか?


 そして、マーケット市場最高額の移籍金を要求するモナコに対し、満額をマドリーが支払うことを決断するか。
 今後の動きんに注目が集まりそうだ。


関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top