ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » パリ・サンジェルマンがオブラク強奪か?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

パリ・サンジェルマンがオブラク強奪か?

oburakupari.jpg




 アトレティコ・マドリー所属のGKヤン・オブラク。去就が注目されるオブラクに対し、パリ・サンジェルマンが強奪に向け精力的な動きを見せている。
 この夏の注目銘柄の一人とされているオブラクに対しては、多くのクラブが獲得に関心を示している。


 現在伝えられている情報だけでも、マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、チェルシー、パリ・サンジェルマンといったクラブが獲得に興味。
 アトレティコ側にとってすれば、リーガ・エスパニョーラを代表する守護神に成長したオブラクの放出には否定的。


 さらに、この夏FIFAから戦力補強禁止処分という重い罰則を受けており、現有戦力の囲い込みは必須だ。
 熾烈な争奪戦が繰り広げられるオブラクだが、パリSGはアトレティコが設定した契約解除金満額の支払いを検討しているという。


 アトレティコがオブラクに設定した契約解除金は1億ユーロ。
 パリSGは、これを満額支払う準備を進めているとされておりオファーした時点で、取引が成立する可能性もある。


 オブラクは欧州のビッグクラブから熱い視線を集める自身の去就について次のようなコメントを残した。

「 フットボールの世界では、何がおこ切るか誰にもわからない。移籍市場閉幕の直前に大きなニュースが舞い込んでくることもある。しかし、今はアトレティコで続けることだけを考えている。アトレティコで幸せを感じていて、来シーズンもここでプレーを続けられると信じている 」


 アトレティコからすれば、新戦力獲得が困難な状況を考慮して正守護神の売却は否定的。
 選手本人もアトレティコ残留を示唆するコメントを残している。
 今後の動きに注目が集まるが、順当に行けばアトレティコ残留という線が色濃くなることは間違いないのであるが。



関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。